湘南ビー・ジーン

湘南ビー・ジーン

kaneko1kaneko2kaneko3kaneko4kaneko5

CONCEPT

すべての被写体に愛を込めて。
光と影が織りなす写真に“想い”までも投影する、そんな理想を求めて。

写真は、光と影が織りなすアートです。その2つの要素をいかにコントロールしながら、ベストな一瞬をシューティングするか…ここにセンスと力量の全てが集約されます。一方、写真技術だけでは、心に響く写真は撮れない…これもまた真実です。ならば、どうするか?僕の場合は、すべての被写体に愛を込めて…これを肝に銘じています。

恋するように、愛するように、ファインダーを覗いて、心でシャッターのタイミングをはかるのが僕のやり方。そして光と影が織りなす写真に“想い”までも投影する、そんな理想を追いかけています。同じ被写体でも、一つとして同じ写真にはならない。それが写真の面白さ。例えば人物撮影の場合は、それが特に顕著です。

さまざまな要因がからんで、被写体の想いと僕の想いがシンクロする、その一瞬が最高のシャッターチャンス。100回シャッターを押しても、その瞬間が訪れないこともあれば、1回のシャッターで決まることもある。ほんと、写真って、奥深く、面白いものですね。たぶん、一生、飽きることがないと思います。

METHOD

楽しみながら、撮影のコツの伝授を!
そしてプロ仕様のフォト・ブック・ストーリー創りへ!

method_yk僕のレッスンは、マニアックな撮影技術を教えるものではありません。あくまでも楽しみながら、無理なく自然に撮影のコツがわかる!そんなレッスンをめざしています。ですから、全くの初心者でも大丈夫。大切なのは、写真を心から楽しみたい!という気持ちです。

そしてレッスンの目玉は、フォト・ブック・ストーリー創り。しかもプロ仕様のブックとしての完成度をめざします。実は、写真本来の醍醐味って、素敵にレイアウトデザインされてこそ、味わえるものなのです。自分が撮った写真が、タイトルコピーやエッセイとともに本になる、その喜びは格別です。プロの我々でさえ、何度味わっても、やはり感動するものなのですから。

プロ仕様のフォト・ブック・ストーリー。その実現は難しくはありません。あなたの被写体への愛、そしてテーマへの想いさえあれば、それは叶うのです。

STORY

金子洋一があなたとともに創るストーリー❶
家族への愛をファインダー越しに確かめる!
フォト・ブック・ストーリーを創ろう。

story_yk今やカメラの革新的な技術進化、そして高性能なスマホと編集アプリの普及で、どんどん「写真」が身近になってきています。ただ、プロのようなショットに近づくには、それなりの「コツ」が必要です。そこで僕は考えました。プロのノウハウをわかりやすく説きながら、段階的に「撮影センス」が身につくような特別なレッスンを。また、レッスン後半では、それぞれが自らの磨かれた撮影センスを試すべく、「家族」をテーマにシューティング!そしてその成果を編集して、タイトルやエッセイなども加えて一冊の「フォト・ブック・ストーリー」として仕上げます。いかがですか?今一度、家族への愛をファインダー越しに確かめる、そんなラブストーリーを僕とともに創りませんか?